素材
アルミ
ステンレス
チタン
樹脂
難削材

難削材nansakuzai

難削材加工

難削材は、硬いもの、脆いもの、延性を示すもの、切削すると焼きが入るもの等、金属加工の中で切削に適していない、加工の難しい材料です。
難削材の加工の難しさ・難削材に精通する高度な技術と繊細な加工により難削材加工・難削材切削・難削材溶接に対応。難削材の加工・難削材部品の試作なら高品質・短納期・小ロット・オーダーメイド・一点物・ワンオフ・個別生産に対応。難削材の加工・試作・相談・見積り・設計・製作は「ものづくり市場」にお任せ下さい。

難削材の意味
難削材は、金属加工の中で切削に適していないような材料です。硬いもの、脆いもの、延性を示すもの、切削すると焼きが入るものなどです。SUS304はステンレス材料として身近ですが、切削がやりにくい部類になります。ステンレス合金、インコネル、ハステロイ、チタン、カーボン、セラミックス、銅合金、プリハードン鋼(NAK55、NAK80)、タングステン、タンタル、モリブデン、ニッケル、ステライト、ニオブ、ジルコニウム、モネル、超硬など様々な難削材があります。切削刃物の進歩に伴い難削材の加工も楽になっています。チタンなどの熱伝導の悪い難削材も刃物を適切に選択し、経験と技術で切削が可能です。

難削材サンプル

  • 難削材サンプル - 1
  • 難削材サンプル - 2
  • 難削材サンプル - 3
  • 難削材サンプル - 4

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!