機械加工

機械加工のことなら「ものづくり市場」

マシニングセンタ・NC旋盤・NCフライスなどの工作機械を用いた
切削加工・研削加工・研磨加工など、切削工具や工作機械による
機械加工(machining)のことならお任せください。

  • 機械加工サンプル1
  • 機械加工サンプル2
  • 機械加工サンプル3
  • 機械加工サンプル4
  • 機械加工サンプル5
  • 機械加工サンプル6

切削工具や工作機械による加工全般・機械加工(machining)にて承ります。
機械加工の種類は、切削加工・研削加工・研磨加工など。
ものづくり市場では、ご依頼いただく部品の加工に最適な加工会社(協力工場)に加工依頼をする事で高品質・短納期でリーズナブルな費用での製作が可能となっています。
機械加工部品の相談・見積・製作・試作については「ものづくり市場」にお任せください。

機械加工の意味

機械加工の意味

工作機械を用いた加工の事を機械加工といいます。
ハードウェアとソフトウェアの進歩で加工範囲が非常に広くなってきているのが特徴です。今後は工作機械同士が接続されることにより、更に多くの種類の加工をより高精度かつ迅速に行うことが可能になると予測されます。

機械加工の主な種類

  • 切削加工

    切削加工は大きく二つの種類に分けられます。
    一つは加工の対象となる工作物(ワーク)を固定して工具を回転させる「転削」。もう一つはワーク自体を回転させる「旋削」です。
    転削に用いる主な工作機械はフライス、NCフライス、各種マシニングセンタです。一方旋削では旋盤、NC旋盤等を用います。具体的な加工内容としては、削る、中ぐり、穴あけ、ねじ立て、面、溝等、多様にあります。
    複合加工機と呼ばれる複数の加工機能を持った工作機械も登場しています。どの方法で加工を行うかにより仕上り精度やコストが異なりますので、切削加工には経験と知識に基づいた適切な判断が求められます。

    • 切削加工サンプル1
    • 切削加工サンプル2
    • 切削加工サンプル3
  • 研削加工

    研削加工とは、一般に高速回転する研削砥石により工作物を削りとる加工法です。
    研削加工に用いる砥石は非常に細かく硬い粒から出来ているため、切削加工よりも精度に優れます。
    加工内容としては平面研削、円筒研削、内面研削、センタレス研削、歯車研削、ねじ研削、ならい研削等があります。

  • 研磨加工

    研磨加工とは、工作物をラップ板上の砥粒に押し付け摺動させることで対象を削り取り、平滑面を得る加工です。
    結合剤で固めた砥粒を使用する固定砥粒方式と、粉末状態の砥粒を使用する遊離砥粒方式があります。固定砥粒方式は、超仕上げ、ホーニング、研磨布紙加工などがあります。>
    遊離砥粒方式にはラッピング、ポリシング、超音波加工などがあり、その他バフ研磨、バレル研磨、ブラスト研磨もあります。

機械加工サンプル(加工例)

  • 機械加工サンプル(加工例)1
  • 機械加工サンプル(加工例)2
  • 機械加工サンプル(加工例)3
  • 機械加工サンプル(加工例)4
  • 機械加工サンプル(加工例)5
  • 機械加工サンプル(加工例)6

近年の工作機械と機械加工

近年、機械加工に用いる工作機械のコンピュータ制御により生産性も向上しております。
必要であれば24時間加工し続ける事が可能で、工場内部で多くの機械が動いていても少ない人数の監視で済ませる事が可能になってきてます。とは言え、機械加工ならば誰が作っても同じと言う訳では無く、加工方法の指示の与え方による違いやマシン自体の個性で出来上がりの精度に差が出る場合もあるため、生産性の高い設備と技術、そして人、設備投資と人材投資の最適化により、モノづくりを未来につなぎます。