ものづくりブログ
金属水素 超電導

金属水素 超電導

2017年03月21日

面白い研究 閑話休題

金属水素

皆さんもよく知っている水素のことです。軽くて、ロケットの燃料に使われる水素です。

昔から水素を金属にする研究がなされています。

金属水素は「高圧物理学の聖杯」だそうです。

水素が金属になると「超電導性」を示す可能性が高いそうです。

木星や土星は重力が非常に強いので、この「金属水素」が存在していると考えられているそうです。



水素を金属にする圧力は地球の中心部よりも高い圧力が必要で

2017年1月ハーバード大学のIsaac Silvera博士とRanga Dias博士が

ダイヤモンドアンビルセルと言う装置内で

「495GPa」の圧力をかけたときに得られた固体の反射率を測定した結果、

ドルーデモデルのより予言された値と一致したと論文を発表されたそうです。

こんなに高い圧力をかけられる装置が開発されていることもすごいです。

その圧力下に存在する物質の反射率を測定することもすごいです。

最先端の研究は世界中の天才が地道に試行錯誤し、試作し、失敗を繰り返し、

その失敗を成功へつなげている。

すごいですね。


水素は金属に浸透する性質を持っています。

水素が金属に浸透すると大抵の金属は弱くなります。「水素脆化」です。

ケイ素はシラン(水素化ケイ素)に、リチウムは水素化リチウムになります。

水素化アルミニウムリチウム、水素化ホウ素ナトリウム、還元剤として

化学合成によく使われています。

パラジウムは水素を吸収しても金属の性質を損わないものもあります。

まだまだ分からないことが多いのですね。

「金属水素」、面白いことが研究されています。

人ってすごいですね。

何事においても

活かすも殺すも人です。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!