ものづくりブログ
鉄と鋼の違いは?⑥~種類~

鉄と鋼の違いは?⑥~種類~

2022年04月11日

◇鉄鋼の種類 SC材

続いてSC材ですが、炭素鋼鋳鋼品のことを言います。
字を見て分かる通り、炭素鋼を鋳物にしたもので、鋳鉄に比べて
強靭で溶接もできるなどの特性を持つ材料です。
そして、炭素と言う字が書かれるくらいなのでSS材よりも炭素の
含有量が多く、SS材よりも硬い材料になります。

SC材は、主に構造用の部品として使われています。
このSC材の炭素量については、あらかじめ化学成分の規定があり、
その量によってS10C~S58Cまでの種類に分けられます。
そのため、SS材に含まれるリンやマンガンなど加えられているものの
不必要な量は含まれておらず、高品質な鋼材となるため高価なも
として扱われます。

S10C ~ S58Cの中でも、実用的に使用されるSC材としては、焼き入れ
効果の出るS45CとS50Cです。
間の数字については、炭素の含有量を示しています。
例えば、S45Cであれば約0.45%の炭素が含まれているということです。

SSとSCの比較

☆SSとはS=Steel(鋼)、S=Strength(強さ)の略。
 原則焼入れ不可
 価格安い

☆SCとはS=Steel(鋼)、C=Carbon(炭素)の略。
 焼入れ可能
 価格高い


(続く)

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!