ものづくりブログ
ものづくり ~シェアリングエコノミー①~

ものづくり ~シェアリングエコノミー①~

2021年05月09日

普及進むシェアリングエコノミー

この数年、「シェアリングエコノミー」というサービスが急速に普及しています。
「シェアリングエコノミー」とは、その名の通り個人や企業が保有している資産
(モノ、空間、移動、スキル)を貸し出してお金のやりとりをするサービスのことです。

 代表的なものの一つに、1台の自動車を複数で保有して保有している人が使いたい
時に予約して使用する「カーシェアリング」があります。個人が自動車を登録して、
特定多数の会員でシェアするものもありますし、タイムズなどの会社が自動車を保有して
会員が利用するものもあります。タイムズなどが運営する大型駐車場に行けば、
カーシェアリングのマークを見かけることがあるでしょう。
富裕層ともなれば、一つのプライベートジェット機を複数人で保有することもあります。

 そんなシェアリングエコノミーが、ものづくりの現場である製造業の世界にも
広がりつつあります。需要があるのは機械設備です。品質や生産性向上をうたって
設備を導入したものの、使いこなせていない。そんな機械が多く余っているのです。
特に使い方の難しいレーザ加工機は、使われぬまま放置されている例が多くあります。
これらの機械設備を、ほかの企業に有償で貸し出せば、お互いにメリットが出てくる、
というわけです。

(次号につづく)

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!