ものづくりブログ
ものづくりモール

ものづくりモール

2016年11月29日

ものづくりの場における「モール」を作りたい!

弊社がある京都には、アパレルショップや雑貨店、そのほか専門店、レストラン、カフェ、フードコート、アミューズメントコーナーや映画館などが入っているショッピングモールがいくつかあります。

週末になると、家族連れや友だち同士で買い物や遊びにやってきた人たちで、ショッピングモールは賑わいます。みなさんの中にも、おそらく、休日はショッピングモールに出かけて遊ぶことが多いという人もいることでしょう。

買い物から食事、遊びまでなんでも楽しめるショッピングモール。私たちは、このような「1ヶ所でほとんどの用事を済ませることができ、誰でも楽しめる場」という役割を、ものづくりという分野において担いたいと思っています。

たとえば、ショッピングモールには、アパレルショップひとつとっても、シンプル系、スポーツ系、カジュアル系、フォーマル系などさまざまなテイストの商品を扱っている店があります。その中から、利用者は自分の好みにあった店を選び、買い物をします。

ものづくりにおいても、たとえば部品製造ひとつとっても、量産が得意な工場、細かなカスタマイズにきめ細かく対応できる工場など、工場ごとにさまざまな特徴があります。その中から、発注者は自分が求めているものに対応する工場を選び、発注します。

ちょっとした買い物については、ショッピングモールのような「ここに行けばだいたいのものは見つかる」という場所があります。しかし、ものづくりの場においては、意外とそういう場所はありません。各社、営業活動を通じて得たネットワークを活用し、ときには新規開拓も行いながら発注先を探し、決めています。

このように独自のつながりを作ることは、決して悪いことではありません。しかし同時に、そのような発注先探しに時間がかかるようなことがあれば、それは時間がもったいないように思います。

また、新規の案件を受注するときに、あらかじめ「これはあそこの工場に協力を求めればできる」と協力先に心当たりがあれば、安心して受注することができます。

そこで、ものづくり市場は、そのような時間のムダや不安を解消できるような、ものづくりのモール的存在を目指しています。

「こういう加工をしてくれる工場を探しているのだけど、ものづくり市場でなら見つかるかな」というように、「とりあえず、ものづくり市場に話をもっていったらなんとかなる」と思っていただける存在。ショッピングモールのように気軽に利用できて、用事をすませることができる場所。それがものづくり市場の理想です。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!