ものづくりブログ
ものづくり~精密板金及び板金加工とは(1)~

ものづくり~精密板金及び板金加工とは(1)~

2021年03月28日

精密板金加工とは

精密板金加工は専用金型を使わずに「汎用金型」と「ジグ」を
組み合わせて加工する方法です。
また、原材料は「鉄・ステンレス・アルミニウム」などが使われております。
この加工は寸法公差が厳しくなっており、高度な技術が必要です。

寸法公差とは、図面を寸法する時に許容範囲の誤差のことです。
部品を加工した時に誤差の範囲内であれば、問題ありません。

精密板金加工は、
曲げの寸法公差が「0.1mm~0.2mm」
パンチングの抜き加工では「0.05mm以下」

と設定されることが多いです。
寸法公差の数値には明確な定めはありません。

精密板金加工について

精密板金加工は他の板金加工に比べて寸法の公差が厳しいですが、
どのような特徴や商品が作られるのか気になる人もいるはずです。

この板金加工は具体的にどのようなものを作り、日常生活で
使われているのか見ていきます。

(次号につづく)

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!