ものづくりブログ

日本のものづくり・部品加工 後編

2019年12月14日

前回に引き続き、日本のものづくりについてのお話です。

(前回のブログはこちら)

今後の製造業

日本のものづくりは製造コスト減を課題とし、これまで人件費の低い海外への移転を進めてきました。

そして移転先の国で人件費が高騰すればまた別の国への移転を打診する必要がありましたが、これら悪循環によって一時的なコスト減になったとしても長期的にはコスト削減になっていない現実がありました。

しかし同時に、日本のものづくりは徹底した効率化のノウハウを蓄積し続けてきました。

そして少子高齢化社会が叫ばれる昨今、人材不足という問題とも対峙しながら、製造業は次のステップへ進もうとしています。

雇用形態の多様化、少子高齢化、そしてコスト削減など様々な課題をクリアするには、ロボットや省力機械を活用した効率化やIT技術を駆使した技術サポートが必要不可欠になりつつあります。

IT技術と効率化

これまで長年かけて手作業でコツコツと計測してきた様々なデータを集約し、終身雇用を前提として培われてきた技術者が減少し続ける中でも安定した品質や加工が可能となるノウハウを活用すべき時がやってきました。

IT技術を活用した品質管理や作業の効率化、技術の革新によってロボットや省力機械を導入することでオートメーション化が進んでいます。

世界に誇る技術力を活かし、次の時代へと移り変わろうとしている昨今、山積みの課題をIT技術とオートメーション技術で突破できる未来がもう、やってきています。

ものづくり 金属部品(板金加工・切削加工・機械加工)のご依頼は、ものづくり市場にお任せください!
機械部品・装置・試作・金属加工・部品加工 ご依頼「ものづくり市場」

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!