ものづくりブログ

金属加工につきものの反りや歪み 後編

2019年08月20日

金属加工の際に起こる反りや歪みについてのブログです。

(前編のブログはこちら)


ステンレス以外だと、一般的に、硬い素材ほど反りや歪みが起きやすくなります。

硬い素材が変形するのはちょっと不思議に思えるかもしれません。

歪みや反りは熱や圧力が原因で発生する、と前回お伝えしました。

硬い素材を加工しようとすると、それだけ高い圧力や熱を加えなければいけません。

その結果、歪み・反りが発生しやすくなるというわけです。


また、加工する際の材質の厚みにも注意が必要です。

同じ材質であっても、材質を薄い板状にして加工する際には、反りや歪みが起きやすくなります。

同じ鋼でも、薄い鋼板とやや厚みのある鋼板とでは、前者のほうが反りや歪みが出やすくなります。


反りや歪みをなるべく防ぐためには、反りや歪みが発生する理由や、発生しやすい素材・形状を知っておく必要があります。

金属加工において反りや歪みが発生してしまうのは、ある程度はやむを得ないことです。

これを防ぐためには、それぞれの材質・加工方法の特徴を理解して、ケースバイケースで最適な手段を選ぶことです。

最適な手段を選ぶためには、知識と経験が不可欠です。

経験豊かな職人・ものづくり企業は、この両方を持っていると言っていいでしょう。



金属加工・部品加工・機械部品のご依頼は、ものづくり市場

ものづくりメソッド:金属加工

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!