ものづくりブログ

マシニングセンタを使った加工 ①

2019年08月15日

ものづくりでは、しばしばマシニングセンタ(MC)と呼ばれる装置を使うことがあります。

金属の切削、研磨、穴あけなどの加工を行うための装置で、動きはすべて数値制御で行います。

今回と次回で、マシニングセンタの原理・種類・特徴をご紹介します。


マシニングセンタを使う時は、まず機械内に材料を固定します。

工具を取り付けた「主軸」と呼ばれる部分が上下・前後・左右の3つの軸(XYZ軸)に沿って動くことで、材料を加工します。

XYZ軸にさらに斜めの軸を加え、5軸で主軸を動かす場合もあります。


マシニングセンタの形には、大きく横形、立形、門形(ガントリー型)の3つがあります。

横形は主軸が横向き(水平方向)に取り付けられたもので、立形は主軸が縦向きに取り付けられています。

門形は大型の素材の加工に使うもので、文字通り門のような大きな形をしていて、主軸は天井部分に下向きに取り付けられています。


マシニングセンタで加工をするときには、まず、CADで作る部品の設計図を作ります。

最近では、3D CADを使うケースもあります。

設計図ができたら、それを元にCAMと呼ばれるソフトウェアでプログラムを作成します。

ここでは、どこの加工にどんな工具を使うか、どんな速さで動かすかなどを設定します。



機械・機器・装置・設備・金属加工・部品加工なら「ものづくり市場」
マシニングセンタでの加工も「ものづくり市場」にご依頼ください

ものづくりメソッド:マシニング

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!