ものづくりブログ
ものの表面を整える!ものづくりにおける表面処理(メッキ)前編

ものの表面を整える!ものづくりにおける表面処理(メッキ)前編

2018年11月11日

素材の表面を加工し、硬度や耐摩耗性、耐食性、耐熱性などの性能を上げたり、美しく調えたりすることを「表面処理」と呼びます。

具体的な処理方法としては、塗装やメッキ、コーティング、研磨、焼入れなどの熱処理が挙げられるでしょう。

今回は、その一例としてメッキによる表面処理を中心に紹介します。

メッキとは、金属の上にさらに金属の被膜をつけることを言います。

アクセサリーの金メッキなどを想像するとわかりやすいのではないでしょうか。

メッキを使った表面処理方法には、以下のようなものが挙げられます。

電気メッキ

メッキしたい金属の金属イオンを含んだ水溶液に、メッキ処理する品とメッキしたい金属を入れて電解します。

たとえば、金メッキをしたい指輪があるとします。

指輪と金を、金の金属イオンが含まれた溶液の中に入れます。

そして金が陽極(プラス)に、指輪が陰極(マイナス)になるように電気を流すと、指輪が金メッキされるというイメージです。

電気メッキにて行われる表面処理にはこのほか、ニッケルメッキ、クロムメッキなども挙げられます。

次回は、無電解メッキと融解メッキをご紹介します。

ものづくりメソッド:表面処理

ものづくりメソッド:メッキ

ものづくりや表面処理(メッキ)でお悩みなら、ものづくり市場にご相談ください!
ものづくり市場

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!