ものづくりブログ
チタン マフラー

チタン マフラー

2016年10月01日

パートナーさんの溶接職人さんの習作です。

チタン溶接の練習を兼ねて、御自分の趣味であるオートバイのエキパイをワンオフで作ってみたそうです。
あえてパイプを使わず、すべて板材の巻きで小さなパイプパーツを作ってそれをつないでつないで仕上げてます。

ベースマシンの面影も無いほどのカスタムバイクなので設計図も引けず、参考にするオリジナルも無い状態で
あちこちの干渉を避けて、くにゃくにゃ・ぐねぐねと溶接でつないでこだわりのテールエンドまで。

文字通りの「試行錯誤」での完成となったそうですが製作していく中で、
チタン素材の加工特性を感じ取ることができた!様な気がするとおっしゃってました。

チタンの排気パーツはオートバイや車の世界では高級品(高額?)扱いですが、軽量化と耐錆性での優位性は性能アップにもつながりますし チタンの加工的特性である焼けによる色変化が「通」にはたまらない魅力ですね。

この「焼け色」ですが、世間では若干混同されていて本当に排気熱等で変色したものと、強制的に熱を加えたものと物理的に
化学処理で装飾用途で仕上げられたものがあります。「ヒートグラデーション」とも呼ばれてますね。

チタンは強力な「酸化被膜」を持っており、酸化が一定まで早く進み錆びにくいという物性を応用した技術です。
この「酸化被膜」をリン酸水溶液に浸し、電気を流し電圧のコントロール処理を行う事で任意にあの虹色を
発色させることも出来るんです。

そんな「ものづくり」に挑戦し続けていきたい「ものづくり市場」趣味の世界の紹介でした。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!