ものづくりブログ
一点物のものづくりを行うポイントは「生産管理」ー後編

一点物のものづくりを行うポイントは「生産管理」ー後編

2018年07月16日

前編では、ものづくりの3つのメジャーな生産方法の一つ、個別生産方式についてお話ししました。

いわゆる一点物、オーダーメイドのものづくりです。

この一点物を作るときにひとつ気をつけないといけないことがあります。

それが、「生産管理」です。

一点物の場合、仕様を考え設計し、試作品を作って修正を加え完成品を作るまでのすべての工程に、
個別に人的・時間的・金銭的コストがかかります。

これらの管理をしっかり行わないと、コストが合わなかったり、納期に間に合わなくなってしまったりして、
満足な製品づくりができないことがあります。

こういった事態を避けるためにも、一点物を作るときには、生産管理を特に意識して、
過度の負担がかかることなく生産できるようにしなければいけません。

ものづくり市場では一点物を作る個別生産方式をメインにものづくりを行っていますし、
これからも一点物のものづくりも行っていこうと考えています。

ということは、これからもずっと私たちは生産管理の問題に取り組んでいかなければいけません。

ものづくり市場は生産管理の手順などをきっちりシステム化し充実させて、お客様に満足していただける一点物を作り続けていきます。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!