ものづくりブログ
国際ロボット展2017 FANAC

国際ロボット展2017 FANAC

2018年01月08日

FANUCに緑色のロボットが登場

国際ロボット展レポート、続いてはFANUCブースを見ていきます。


ファナックブースでは、巨大なロボットが自動車をブンブン振り回していて、大変注目を集めていました。

1700㎏の車を軽々と持ち上げるパワー、さすがです。

9月に行ったドイツのフォルクスワーゲン本社工場でも、これくらいのサイズのロボットが車のボディやシャーシを運んでいました。

自動車の製造現場ではよくあるのかもしれませんが、これを展示会で出すとは何ともダイナミックです。


さて、FANUCといえば黄色のロボットが定番ですが、今回は緑色のロボットがいくつか出ていました。

スタッフの方に聞いてみたところ、緑色は「人協働ロボット」とのことでした。

これまでは作業員の安全のため、ロボットの可動範囲には必ず安全柵を設け、ロボット稼働中は絶対に近寄らないというのがルールでした。

「人協働ロボット」は周囲に人がいることを前提に作られており、ぶつかると止まる仕組みを設けることで安全柵を撤廃し、

重いものの運搬や単純作業などでロボットが人を補助することができるようになりました。

また、人がいないところでは速く動き、人がいるとゆっくり動くようになっているそうです。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!