ものづくりブログ
ものづくり女子

ものづくり女子

2017年12月08日

ものづくり女子に注目!

ものづくりの世界は男性社会と思われがちです。確かに、現在でも、特に危険な作業が多い現場は男性がほとんどなので、
そう思われてもやむをえない部分はあるのでしょう。

とはいえ、現場を支える裏方では、昔から女性が多く活躍していました。特に家族経営やそれに近い小規模なものづくり企業では、
経営者の家の主婦が、会社でも経理などの重要な役割を担っていることもありました。

そして最近では、ものづくりの現場にも女性の姿を多く見かけるようになっています。最初はさすがに驚きましたが、男性にも
引けを取らない活躍をする女性を見ると、今では頼もしく思えるほどです。工業高校や大学の工学科で学ぶ女性もいますので、
将来的にはこの人たちもどんどん現場に出てくるのでしょうね。

こういう,ものづくりの現場で活躍する女性を「ものづくり女子」と呼ぶそうです。最近は漫画の題材としても人気なのだとか。
興味を持って調べてみたところ、ものづくりの現場で働く女性職人はもちろん、工業高校で学ぶ女子高生を題材にした漫画もあるそうで、
びっくりしました。

漫画のヒロインの職業などは、その時代の女子が関心を持つ、かっこいいと憧れるようなものが選ばれるものだと思います。
普通の会社や高校ではなく、あえてものづくりの現場や工業高校がヒロインの活躍する舞台として選ばれるほど、
「ものづくり」に向けられる女性の視線が変わってきたということなのでしょうか。

これから、日本の人口はどんどん少なくなっていきます。少子高齢化とよく言われますが、ものづくりなどビジネスの現場においては、
これはとりもなおさず「働き手の減少」を意味します。

つまり、今まで以上に、従業員の確保が難しくなる、ということなんですね、

それを考えると、社会の一部に残る「女性は結婚・出産をしたら仕事をやめて家庭に専念すること」なんてことは言っていられません。
意欲と能力がある女性には、結婚、出産、育児をしながらもどんどん活躍してもらわないと困るからです。

女性がどんどんものづくりの分野に興味を持ち、ものづくり企業にやってきてくれるのはとてもありがたいことです。
行政もものづくりに携わる女性の力に注目しはじめているようで、中部地方を管轄する中部経済産業局では、
わざわざ「ものづくり女子の活躍応援サイト」を開設し、ものづくりの現場や、そこで働く女性、女性が働きやすい環境づくりに
頑張る企業の様子などを伝えています。

私たち民間企業も、ものづくり女子がいつまでも活躍できるよう、女性が結婚や出産、育児をしながらも長く活躍してもらえるしくみを
考える必要がありますね。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!