ものづくりブログ
旋盤

旋盤

2016年08月15日

旋盤加工

旋盤は「バイト」と言う刃物を使って金属(樹脂、木工の旋盤もあります。)を削ります。
旋盤には3つの重要な要素があります。
「回転速度」、「切込み量」、「送り量」です。
加工速度と仕上がりを決める要素です。

回転速度

材料を早く回転させると速く切れます。仕上がりもきれいになるようですが…。
材料によって、仕上げ方によって経験的に速度を変えます。
バランスです。
旋盤は金属をより硬い金属やセラミック製のバイトで削ります。当然、熱を持ちます。
一般に加熱すると材料は伸び、冷えると縮みます。
歪みの原因になります。

切込み量

金属にバイトを当てて、一気に押し込むとどうなるでしょう。
無理やり押すと刃物も製品にも無理がかかってきれいに仕上がりそうにありません。
これもバランスです。

送り量

早く削りたいのはやまやまなれど…。
削る寸法が決まっているので早く送りすぎるとミスにつながりそうですね。
設計者の意図や公差に従って加工しないと意味がない。
基本的な3つの要素「回転速度」、「切込み量」、「送り量」はバランスを上手くとって加工されています。

旋盤 加工サンプル

  • 旋盤 加工サンプル

    旋盤 加工サンプル

旋盤加工なら、ものづくり市場にお任せ下さい!

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!