ものづくりブログ
EMO Hannover 2017 展示会③

EMO Hannover 2017 展示会③

2017年10月21日

EMO Hannover 2017 展示会レポート その3

2017年9月17日からドイツ・ハノーバーで開催されている、世界最大規模の金属加工の展示会「EMO Hannover 2017」から
現地レポート第3弾をお届けします。

今回は、世界を相手にがんばる日本企業ということで、会場で見かけた日本のメーカー、日系メーカーさんの現地法人のブースを
ご紹介していきます。紹介は順不同で、また全ての企業を回れた訳ではありませんので、ご了承ください。

最初に訪問したのは、先日岐阜工場にもお邪魔させていただいた三菱マテリアルさん。航空機産業や自動車産業での加工事例や、
岐阜工場でも拝見したドリルやチップを提供されていました。外国人のブース来場客も多かったように思いました。

続いてセラミック刃物の京セラさん。初日という事でまだ来客は少なめでしたが、ブースは広々としており意気込みをうかがえました。

今年春に工場見学にお邪魔したブラザー工業さんは、工場でも見せていただいたコンパクトタイプの工作機械を中心に展示されていました。
外国人来場者の注目を集めていたようです。

ヨーロッパにコアなファンの多いヤマザキマザックさんは、かなり大きなブースで出展されていました。
Industry4.0の紹介コーナーを中心とした広いスペースに工作機械、休憩スペースが広がっており、来場客も接客スタッフも9割以上が外国人。
外国での人気の高さが伺えました。

ブース内にはMazakの機械で部品を作ったF1マシンの展示も。ここにも人が集まっており、圧倒的な集客力にMazakの力を感じました。

展示会レポート その4に続きます。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!