ものづくりブログ
株式会社安川電機 中部ロボットセンタ 訪問レポート

株式会社安川電機 中部ロボットセンタ 訪問レポート

2017年04月27日

2017年4月25日、中部部品加工協会主催のイベント「部品加工での省人化を具体的に知って・考える会」に参加するため、安川電機さんの「中部ロボットセンタ」を訪問することができました。普段は一般公開されていないショールームを見学させていただけたので、簡単にまとめてみました。

  • 中部ロボットセンタ

    中部ロボットセンタ

株式会社安川電機
設立は1915年(大正4年)7月16日 本社 北九州市八幡西区黒崎城石2番1号にある会社です。
三相誘導電動機の国産化でスタートされ、電動機とその技術を活かされ、産業の電動化・自動化を推進されてきた
日本のリーディングカンパニーです。
国内はもとより、アメリカ、ヨーロッパ、アジア・パシフィック、アフリカとグローバルネットワークを築かれています。

安川電機 中部ロボットセンタは、東名高速道路の三好インターを出てすぐの便利な場所にありました。安川電機さんが国内で開設されている3つのロボットセンタ(北九州、中部、関東)のうちのひとつです。
ロボットセンタは、これまでロボットを使ったことがないユーザーにもロボットへの理解を深めてもらうための施設で、ショールームでのロボットのデモンストレーションや、実機を使ったデモやテストなどを行っています。また、導入済みのユーザーにロボットスクールなども開催しています。また、システムインテグレータが開発を行うセクションもありました。

  • MOTOMANくんのお出迎え

    MOTOMANくんのお出迎え

エントランスでは、安川電機ブランドのロボットMOTOMAN(モートマン)の双腕ロボットが出迎えてくれました。「いらっしゃいませ。安川電機へようこそ! 御用の方はあちらのタッチパネルより担当者にご連絡ください」と言葉で迎えてくれます。ちなみに帰るときは背中越しに「今日はご来場ありがとうございました」と声をかけてくれました。

  • 溶接ロボット

    溶接ロボット

1階のショールームでは、ロボットが10台ほど展示されていて、実際に稼動している様子も見ることができました。この写真は溶接ロボット。写真では黒いフレームに沿って見事にアームを動かしていました。ほかにも高速ピッキングロボット、3D-CADと連動するシステム、双腕ロボットなどがあり、ロボットが活躍する現場の広がりを感じることができました。また、間もなくロボット補助金の公募が始まりそうですので、このタイミングでいろいろ勉強できて大きなプラスになりました。安川電機さん、どうもありがとうございました。
以上、「ものレポ」リポーター新開でした。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!