ものづくりブログ
メッキのお話 ①

メッキのお話 ①

2017年04月26日

[ものレポ vol.4]

今回からは2017年4月5日(水)~7日(金)に東京ビッグサイトで開催された「Photonix 2017 第17回 光・レーザー技術展」の
取材の中から、クローズアップしたいものづくり技術を取り上げていきます。
今日は、金属の表面処理、メッキのお話をお届けします。

そもそもメッキは、金属のサビを防止するために表面に施す加工です。
鉄は素地のままではすぐにサビが出てしまいます。鉄以外の金属も時間の経過とともに表面が変色したり腐食したりします。
これを防ぐために、サビや変色に強い種類の金属で表面を薄くコーティングすることを「メッキ」といいます。
金属に限らず、プラスチックやセラミックなどにもメッキを施すことができます。

さて、現在精密部品の表面処理として多く採用されているのが「無電解ニッケルメッキ」です。これは電気を使わずに
科学的にニッケルを金属の表面に析出させるので、複雑な形状の部品にも均一な厚さのメッキを施すことができます。

近年はメッキにも技術革新が起きており、さまざまなプラスアルファの機能をもった機能性メッキも広がってきています。
次回からは株式会社金属皮膜研究所のブースで見つけた新しいメッキをご紹介していきます。

以上「ものレポ」リポーター新開でした。

【取材協力】
株式会社金属皮膜研究所
http://www.kinzokuh.co.jp/
高品質な表面処理を短納期で日本全国に届けている東京都品川区のメッキ会社。昭和30年の創業以来メッキ加工一筋で、
機械、電気、物理、金属などの技術を駆使してあらゆるメッキにチャレンジしている。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!