ものづくりブログ
機械系の技術展に行ってきました

機械系の技術展に行ってきました

2017年04月23日

[ものレポ vol.3]

今回は2017年4月12日(水)~14日(金)にポートメッセなごやで開催された、
「名古屋ものづくりワールド2017」「機械要素技術展」のレポートをお届けします。

会場は予想以上の人、人、人。出展者も多くて、ポートメッセの展示会では珍しく通路が狭いくらいでした。
名古屋エリアのものづくりに対する注目度の高さが伺えました。


ここで気になったブースをいくつかご紹介したいと思います。
まずはオーセンテック株式会社のブースで、最近熱いバリ取り技術の話、酸化被膜除去の話を伺いました。

次に気になったのが、協育歯車さんで紹介されていた歯車の技術。
千原ジュニアさんが司会をされているNHKの番組「超絶凄ワザ」で、”小さなモーターで冷蔵庫を持ち上げられるか?”
という企画に挑み成功しました。その歯車の実物を見せていただくことができました。

設計・組立に役立つアイテムを数多く出されているイマオコーポレーションさんのブースでは、
今年はワンタッチ着脱が一押しでした。取り付け、取り外しの多いボルトの置き換えに便利なアイテムです。

ほかにも興味深い新技術、新製品を発見しました。
また、ネジやばねなど、スタンダードな部品の中にキラリと光る技術のある部品も多くあり、
ものづくりブログ用に取材をさせていただきました。取材させていただいた内容は、次回から順次アップしていきます。
取材にご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

以上、「ものレポ」リポーター新開でした。

部品加工・試作・装置・ものづくり
の相談・見積り歓迎!